風俗営業とは?

風俗営業とは、社交性の高い施設内において、接客接待などをおこなう営業です。
具体的には、スナック、キャバクラ、クラブ、ラウンジ、ホストクラブなど接待付きの飲食店、
低照明の飲食店、個室等を設けるなどの飲食店及びパチンコ、麻雀店等の遊技場営業を指します。
また、パチンコ店、マージャン店、ゲームセンターなどの営業も風俗営業に含まれます。
お店の形態等によって下記のような営業に区分され必ず許可を取らなければなりません。

※ソープランドやヘルス等の性的なサービスを提供するお店は、
性風俗特殊営業と言われ、上記の風俗営業とは区別されています。

【営業形態】 【内容の説明】
1号営業
キャバレー、ディスコ等
キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食させる営業
2号営業
スナック、キャバクラ、クラブ等
待合、料理店、カフェの他設備を設けて客の接待をして、客に遊興又は飲食をさせる営業(1号営業を除く)
3号営業
ダンス飲食店
ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食させる営業
4号営業
ダンスホール等
ダンスホール、その他設備を設けて客にダンスをさせる営業(ダンス教授者がダンスを教授する場合のみ客にダンスをさせる営業を除く)
5号営業
低照度飲食店
喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、客席における照度を10ルクス以下として営むもの
6号営業
区画席飲食店
喫茶店、バー、その他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの
7号営業
マージャン、パチンコ店
マージャン店、パチンコ店その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業
8号営業
ゲームセンター等
スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備える設備、その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業

風俗営業許可申請代行センターへのお問い合わせはこちらへ。

風俗営業許可申請代行センターへのお問い合わせ。

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!