風営法には、罰則規定があります。

接待飲食業及び性風俗特殊営業ともに罰則規定があります。
必ず風営法を順守して営業するようにしなくてはなりません。

接待飲食業の罰則規定

風営法の許可を受けずに営業した場合

2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金(併科あり)

不正手段による許可の取得、名義貸し及び営業停止処分違反

2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金(併科あり)

承認を受けずに、営業所の構造又は設備を変更したもの

1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金(併科あり)

18歳未満の者を営業所に客として立ち入らせること等

1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金(併科あり)

在留資格・従業員の就労資格を確認しなかった場合

100万円以下の罰金

性風俗特殊営業の罰則規定

性風俗関連特殊営業の無届営業

6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金(併科あり)

店舗型に係る営業所の禁止区域等営業

2年以下の懲役又は200万円以下の罰金(併科あり)

18歳未満の者を風俗営業等において従事させる又は客とすること

1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(併科あり)

広告制限区域等における看板の設置

100万円以下の罰金

客引き

6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金(併科あり)

店舗型・無店舗型性風俗特殊営業の無届業者による広告宣伝

100万円以下の罰金

在留資格・従業員の就労資格を確認しなかった場合

100万円以下の罰金

風俗営業許可申請代行センターへのお問い合わせはこちらへ。

風俗営業許可申請代行センターへのお問い合わせ。

お電話でのお問い合わせ!
  

メールはこちら!